マリンアクティビティを楽しむなら慶良間諸島で決まり!

慶良間はマリンアクティブで有名です。ダイビングに挑戦してみましょう。 - ウミガメに会いたいならアリガー南がお勧め

ウミガメに会いたいならアリガー南がお勧め

沖縄県の慶良間はダイビングをするにはとても良いポイントとして知られています。
多くのダイバー達が様々な海の生き物達との出会いを求めてダイビングに来るスポットでもあるのです。
慶良間のダイビングポイントの中でもアリガー南についてまとめてみました。
■アリガー南
アリガーの南側に位置している事から、アリガー南と呼ばれているダイビングポイントです。
アリガーに比べると、エントリーできる水深は深めで流れも出やすいポイントなので、中級者からチャレンジする事がお勧めです。
沖の方の海中は、岸側から指状に何本もの根が沖側の砂地へと向かって伸びている事が特徴的で、その根の上にはイソバナがつていて、タテジマキンチャクダイや、サザナミヤッコ、ウツボ、クマノミ等も多く見られ、とても鮮やかな海中の景色を楽しむ事が出来ます。
いつの季節でも少なからず流れがあるエリアなので、北向けか南向けのどちらかにドリフトダイビングを楽しむ事も出来ます。
流れがあるので、ウミウチワが生えていたり、かなりの高確率で休んでいるウミガメに出会う事もあると言われています。
ウミガメと一緒にドリフトするには最高のポイントとしても有名です。
その他にも枝珊瑚が群生しているポイントもあり、デバスズメダイやグルクンの大群に遭遇する事もあり、その景色は言葉に表現する事が難しい程で、水中カメラで撮影する方も多いと聞いています。
■アリガー南まとめ
アリガーの南に位置するアリガー南は、どの季節でも比較的流れのあるダイビングポイントです。
流れがある事から、見る事が出来る海の生物にもアリガーとは若干の違いがあり、ウミガメとの遭遇率はかなり高いので、ウミガメに会いたい方にピッタリのポイントだと言えます。

関連する記事