マリンアクティビティを楽しむなら慶良間諸島で決まり!

慶良間はマリンアクティブで有名です。ダイビングに挑戦してみましょう。 - 透き通る慶良間の海、ダイバーから観光名所として有名な理由

透き通る慶良間の海、ダイバーから観光名所として有名な理由

沖縄の那覇市から西に40km。
世界屈指の海である慶良間は大人数だけではなく、ダイバーからも水中の観光として潜る方も大勢います。
そんな慶良間の魅力は何と言っても「ケラマブルー」と呼ばれる透明な海。
水中に潜ることにより、普段とは違う別世界に連れて行ってくれるような感覚になるので、慶良間の海は多くのダイバーを惹きつけます。
■サンゴの大量産卵時期は神秘的な観光名所
慶良間の海で、ダイバーの中で注目度が高いのが、サンゴの産卵。実は、慶良間には約6割ほどのサンゴが生息しています。
サンゴが生息できるのは慶良間の海が豊かである証拠です。
ある年に壊滅しかけたサンゴでしたが、ある程度まで復活を遂げるほどに自然に恵まれています。
満月の夜に放出されるサンゴの産卵は夜の水中を雪のように舞います。
通常は6月くらいに産卵をしますが、一定ではないので、ダイビングショップに相談すると時期などが分かります。
■ウミガメを観察できる
ダイバーの中では、浅瀬のビーチダイビングでウミガメを見つける方もいるでしょう。ウミガメはダイバーだけではなく、旅行に来ている方からも観光するには人気の高い生物ともいえます。
産卵時期は夏場で、夜に行います。これは、慶良間の砂浜の条件がウミガメに合っているからです。ウミガメを観光する際には静かに見守りましょう。
大量のウミガメに出会えるポイントにも潜れることからダイバーからも大変人気です。興味があれば、ウミガメに出会えるスポットに潜ってみると、とても癒されます。
■観光するのは日中だけではない
マクロ系の生物は夜行性が多いです。
夜にしか出ない生物もいるため、昼の観光も一味違うものになります。特にナイトダイビングは、撮影派にとっては堪らないものでしょう。
星空も綺麗なことから、ダイビングから戻った後に上空を鑑賞することもできるので、一石二鳥の楽しみ方も可能です。
■ダイバーから人気の理由
都会から来るダイバーの中には、慶良間で潜りたいというリピーターは多いです。
世界的にも有名だからという理由ではなく、観光をする人を虜にするような世界観を与えてくれるのも、慶良間の人気である理由の一つかもしれませんね。

関連する記事